ハワイ研修プログラム

2018年英米法研修(ハワイ)プログラム実施の報告

当法科大学院では、本学法文学部総合社会システム学科法学専攻と共同で、2018年2月26日から3月9日までハワイにて英米法研修プログラムを行いました。

今年もハワイ大学ロースクールの教授陣による特別講義を始めとして、連邦及び州裁判所見学、州知事訪問、州上・下院議会見学、法律事務所見学、州女子刑務所見学など大変充実したプログラムとなりました。


自然豊かなハワイ大学ロースクール




個性豊かな教授陣による白熱の講義


本場のソクラテスメソッド 学生にも積極的な発言が求められる 


連邦ディストリクトコートにて コバヤシ判事による解説


州サーキットコートにて チャン判事による解説


カメハメハ大王像のそびえるハワイ州最高裁判所


琉球大学法科大学にもご来訪いただいたこともあるマッケナ州最高裁判事


州議会の審議を傍聴 当日は尊厳死に関する法案を巡って審議が行われていた


イゲ州知事との対面を果たすこともできた


プログラム最終日 本プログラムを企画・実現して下さったスペンサー氏と一緒に


休日にはみんなでトレッキングも!

プログラムの目的
本法科大学院の「地域にこだわりつつ、世界を見る法曹」の養成という目的達成に向けた一つの方法が、ハワイ研修です。学生が在学中に海外に目を開き、外国のロースクールの実際に触れる機会を提供することによって、世界を見る法曹とは何かを実際に感じてほしいと思っています。ハワイ大学ロースクールは、米国のロースクールの中でも、とくにアジア・太平洋を視野に入れた学術的戦略を有しており、米国内でもその存在は小さくありません。沖縄にとっても、日本国内での位置づけから参考となる地域であり、一つのお手本として「地域にこだわりつつ、世界を見る」視点を共有し、学び合っています。本プログラムによって法曹を志す学生の皆さんが大いに刺激を受け、今後もモチベーションを維持していくことを期待しています。

2016年英米法研修(ハワイ)プログラム

2016年英米法研修(ハワイ)プログラム実施の報告

当法科大学院では、本学法文学部総合社会システム学科法学専攻と共同で、2016年2月29日から3月10日までハワイにて英米法研修プログラムを行いました。

今回もハワイ大学ロースクールの教授陣が本法科大学院生のために特別講義を提供していただき、ソクラテスメソッド、ケースメソッドなど本場米国式の授業を体験することができました。

ハワイ州旗。ハワイはかつて王国だったが合衆国に併合された歴史がある

ロースクール教員からNative Hawaiian法(ハワイ先住民についての特例法)を学ぶ

連邦裁判所を訪問

州政府の知事室を訪問

滞在先のコンドミニアムで自炊。現地のスーパーマーケットでは、様々な文化と宗教が共生していました

ハワイ州で一番大きい法律事務所、Goodstill Anderson Quinn & Stifelを訪問。所長のほか、現地で働く日本人スタッフ(弁護士)から話を聞きました

プログラム外の自由時間では、沖縄系移民が集う地域を訪れた交流会も。海を渡った当時の移民の労働や差別、第二次世界大戦におけるハワイの日系人の過酷な体験などに耳を傾けました。琉大生が沖縄の歌を披露する場面も。最後は三線で一緒にカチャーシー。すばらしい時間でした

夜には教員と学生がざっくばらんに語り合うことも。

プログラムの目的

本法科大学院の「地域にこだわりつつ、世界を見る法曹」の養成という目的達成に向けた一つの方法が、ハワイ研修です。学生が在学中に海外に目を開き、外国のロースクールの実際に触れる機会を提供することによって、世界を見る法曹とは何かを実際に感じてほしいと思っています。ハワイ大学ロースクールは、米国のロースクールの中でも、とくにアジア・太平洋を視野に入れた学術的戦略を有しており、米国内でもその存在は小さくありません。沖縄にとっても、日本国内での位置づけから参考となる地域であり、一つのお手本として「地域にこだわりつつ、世界を見る」視点を共有し、学び合っています。本プログラムによって法曹を志す学生の皆さんが大いに刺激を受け、今後もモチベーションを維持していくことを期待しています。

2015年英米法研修(ハワイ)プログラム

2015年英米法研修(ハワイ)実施の報告

当法科大学院では、本学法文学部総合社会システム学科法学専攻と共同で、2015年3月2日から3月13日までハワイにて英米法研修プログラムを行いました。

今回もハワイ大学ロースクールの教授陣が本法科大学院生のために特別講義を提供していただき、ソクラテスメソッド、ケースメソッドなど本場米国式の授業を体験することができました。

ロースクール教員から米国の各法を学ぶ

模擬法廷での授業

日系移民の多いハワイでは、日本食にルーツを持つランチが多い

連邦裁判所に判事を訪問

州政府にDavid Ige知事を訪問

ウェルカムランチ & ハワイ大学ロースクールに在籍する学生との交流もある

ハワイ州最高裁判所にSabrina McKenna最高裁判事を訪問

プログラムの目的

本法科大学院の「地域にこだわりつつ、世界を見る法曹」の養成という目的達成に向けた一つの方法が、ハワイ研修です。学生が在学中に海外に目を開き、外国のロースクールの実際に触れる機会を提供することによって、世界を見る法曹とは何かを実際に感じてほしいと思っています。ハワイ大学ロースクールは、米国のロースクールの中でも、とくにアジア・太平洋を視野に入れた学術的戦略を有しており、米国内でもその存在は小さくありません。沖縄にとっても、日本国内での位置づけから参考となる地域であり、一つのお手本として「地域にこだわりつつ、世界を見る」視点を共有し、学び合っています。本プログラムによって法曹を志す学生の皆さんが大いに刺激を受け、今後もモチベーションを維持していくことを期待しています。

2014年英米法研修(ハワイ)プログラム

2014年英米法研修(ハワイ)プログラム実施の報告

当法科大学院では、本学法文学部総合社会システム学科法学専攻と共同で、2014年3月3日から3月14日までハワイにて英米法研修プログラムを行いました。

今回もハワイ大学ロースクールの教授陣が本法科大学院生のために特別講義を提供していただき、ソクラテスメソッド、ケースメソッドなど本場米国式の授業を体験することができました。

ロースクール教員から米国の各法を学ぶ

高台から臨むハワイの町

ロースクール図書館で判例・図書検索について学ぶ

緑が多く、広々とした学内

授業中にマラサダ(ハワイのドーナッツ)の差し入れ!

どのロースクール教員も気さくに、そして熱心に質問に答えてくれる

プログラムの目的

本法科大学院の「地域にこだわりつつ、世界を見る法曹」の養成という目的達成に向けた一つの方法が、ハワイ研修です。学生が在学中に海外に目を開き、外国のロースクールの実際に触れる機会を提供することによって、世界を見る法曹とは何かを実際に感じてほしいと思っています。ハワイ大学ロースクールは、米国のロースクールの中でも、とくにアジア・太平洋を視野に入れた学術的戦略を有しており、米国内でもその存在は小さくありません。沖縄にとっても、日本国内での位置づけから参考となる地域であり、一つのお手本として「地域にこだわりつつ、世界を見る」視点を共有し、学び合っています。本プログラムによって法曹を志す学生の皆さんが大いに刺激を受け、今後もモチベーションを維持していくことを期待しています。

2013年3月の英米法研修(ハワイ)プログラムの御紹介

当法科大学院では、本学法文学部総合社会システム学科法学専攻と共同で、青山学院大学法学部とも連携して、2013年3月3日から同月17日までハワイにて英米法研修プログラムを行いました。

プログラムの様子が法学専攻のウエブサイトにアップされていますので、下記をご参照ください。

プログラムでは、全体の議論をリードする形で、法科大学院の参加学生の皆さんが積極的に発言されていました。

http://www.cc.u-ryukyu.ac.jp/~hougaku/news.html#h250303hawaii

NO IMAGE

2013年英米法研修(ハワイ)プログラム予定表

平成25(2013)年3月3日~18日(現地でのプログラム自体は3月4日~16日になります。)にかけて実施される英米法研修(ハワイ)プログラムのスケジュールが決まりましたのでお知らせします。詳しくは、添付ファイル(英文)をご覧下さい。本年度は、昨年度も多数ご参加いただいた琉球大学法文学部法学専攻の学生の皆さんのほか、多くのプログラムを青山学院大学学生の皆さんと共同で受講する予定で、現地での新たな交流が楽しみです。

英米法研修(ハワイ)プログラム2013予定表

ハワイ州最高裁のマッケナ判事による講演会が行われました。

ハワイプログラムでいつも琉球大学の学生を温かく迎えて下さるハワイ州最高裁のサブリナ・シズエ・マッケナ判事が、2012年12月10日・11日の両日、琉球大学国際沖縄研究所の主催により、法科大学院も使用する文系総合研究棟703号室(模擬法廷室)にて、「DV裁判所の役割」及び「性的少数者の法的権利」について講演してくださいました。つめかけた学生の皆さんほか聴衆の皆さんは、完璧なバイリンガルでかつ素晴らしいお人柄のマッケナ判事の講演に引き込まれ、大盛況の講演会となりました。マッケナ判事、2013年3月の英米法研修(ハワイ)プログラムで再会できることを楽しみにしております。

McKenna判事講演会記事 タイムス121219

McKenna判事講演会記事 タイムス121226

NO IMAGE

英米法研修(ハワイ)プログラム 昨年度の御紹介と本年度の実施予定

当法科大学院では、昨年度、本学法文学部総合社会システム学科法学専攻と共同で、平成24年3月4日から同月18日までハワイにて英米法研修プログラムを行いました。プログラムの様子が法学専攻のウエブサイトにアップされていますので、下記をご参照ください。

http://www.cc.u-ryukyu.ac.jp/~hougaku/news.html#h240304hawaii

本年度は、法学専攻と共同し、さらに、青山学院大学法学部とも連携して、平成25年3月3日から同月17日までプログラムを実施予定です。プログラムの概要等が決まりましたらあらためてお知らせいたします。

2012年英米法研修(ハワイ)プログラム予定表

平成24(2012)年3月4日~18日(現地でのプログラム自体は3月5日~16日になります。)にかけて実施される英米法研修(ハワイ)プログラムの暫定スケジュールが決まりましたのでお知らせします。詳しくは、添付ファイル(英文)をご覧下さい。

2012英米法研修(ハワイ)プログラム予定表(英文)

NO IMAGE

プレス発表「地域に貢献する琉球大学法科大学院」

平成24年2月17日(金)午後1時30分より、琉球大学広報室の企画により「地域に貢献する琉球大学法科大学院」のテーマでプレス発表を行いました。地域に貢献する琉球大学法科大学院として、地域にこだわりつつ世界を観る法曹の養成という原点に立ち、平成24年度から、以下の内容を含めた新たな取り組みを実行し、更なる発展を目指していきたいというメッセージを込めました。発表内容の概要は添付ファイルをご参照ください。

<平成24年度からの主な取り組み>

1.入試制度の改善

・飛び級選抜の積極的活用

・転入学制度の導入

2.教育制度・学生支援の改善

・長期履修制度の導入

・沖縄弁護士会との連携強化に伴う教育支援態勢の強化

・ハワイ大学ロースクールでの英米法研修プログラムの強化

・経済的な支援態勢の強化——授業料全額免除枠の拡大等

3.大学院修了後・司法試験合格後のアフターケアの充実——活躍場所の拡大

4.地域への貢献の強化・拡大——無料法律相談、県民の皆様の法教育にも貢献

平成24年2月17日プレス発表概要