受験生の方へ

NO IMAGE

平成24年度 入学者選抜試験(A日程) 合格者発表

平成24年度入学者選抜試験(A日程)の合格者発表は、本日午前11時に本学文系総合研究棟玄関前に掲示するとともに、合格者あてに郵送(速達)にて通知いたしました。なお、不合格者への通知は行いません。

合格者の入学辞退などにより入学定員に欠員が生じた場合は、追加合格を行います。なお、追加合格候補者の発表は行いません。追加合格候補者本人に通知いたします。詳細は学生募集要項の15ページをご覧下さい。

以下に合格者の受験番号を掲載します。合否確認の補助的手段としてご利用下さい。

2年コース(一般選抜)

  • 0203
  • 0211

3年コース(一般選抜)

  • 0205
  • 0303
  • 0305
  • 0306
  • 0308
  • 0309
  • 0313

3年コース(特別選抜)

  • 0204
  • 0312
NO IMAGE

A日程願書受付中です。

平成24年度入試A日程の願書受付中です。出願期間は平成23年8月1日(月)までです。同日必着となっておりますので、出願予定の方は、お間違いのないよう、忘れずにご出願ください。

NO IMAGE

入試説明会を行います。

沖縄での入試説明会

琉球大学オープンキャンパスの開催される7月23日(土)午前11時00分~午後0時30分ころまで、琉球大学文系総合研究棟7階703号教室(模擬法廷室)にて、入試説明会を行います。模擬裁判を含む法科大学院の授業で実際に使用される模擬法廷室で、入試のこと、入学後のことなど、ご来場の皆様からのご質問を受け付けます。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

NO IMAGE

課題に対する小論文

3年コースに出願される方は、下記の課題について小論文を作成し、出願期間中に、出願に必要な他の書類とともに提出して下さい。なお、様式は次の通りとします。

  • A4横書き2枚(2,600字程度)、ワープロまたはパソコンで作成すること。
  • 「課題に対する小論文」と記入し、1行目中央に配置すること。氏名は次行右側に記入すること。
  • ホチキス止めにはせず、ページ下中央にページ番号を付すこと
  • 文体は「である」調でも「です」調でもよい。

課題

「日本は、これから一層の国際化を図るため、道路における自動車の通行について、現行の左側通行を、諸外国で採用されている右側通行に変更すべきである。」という見解について論評しなさい。

NO IMAGE

入試説明会を行います。

東京での入試説明会

7月11日(月)午後2時00分~4時30分、TAC渋谷校2階にて、当法科大学院の入試説明会を行います。Wセミナー主催「全国法科大学院合同進学相談会」会場を利用するものですが、本年3月に当法科大学院を修了したばかりの修了生から、当法科大学院の学生生活についての生の声をお届けさせていただきます。貴重な機会ですので、ふるってご参加下さい。

会場のアクセスは次のリンクをご参照下さい。
http://www.tac-school.co.jp/tacmap/sibuya.html

名古屋での入試説明会

6月25日(土)午後2時から5時、辰巳法律研究所名古屋本校にて入試説明会を行います。

辰巳法律研究所主催ロースクール進学合同説明会を利用するものですが、会場のアクセスは次のリンクをご参照下さい。
http://www.tatsumi.co.jp/info/guide_nagoya3.html

福岡での入試説明会

6月26日(日)午後2時から5時、福岡ビル9階にて入試説明会を行います。

辰巳法律研究所主催ロースクール進学合同説明会を利用するものですが、会場のアクセスは次のリンクをご参照下さい。
http://www.nishitetsu.co.jp/f-hall/

募集要項

平成24年度学生募集要項

平成24年度学生募集要項

平成24年度入学者選抜学生募集要項の配布を開始します。以下のPDFファイルで募集要項の内容をご確認いただけます。なお、このPDFファイルには「出願に必要な書類等」の様式は含まれていません。出願に際しては必ず募集要項の原本を入手してください。

平成24年度 学生募集要項

募集要項請求

請求方法はこちらをご覧ください。

NO IMAGE

法学既修者コース(2年課程)が導入されます。

琉球大学法科大学院(以下「本法科大学院」)は、これまで全国の国立大学法人で唯一「完全未修者コース」(以下「3年課程」)による法曹養成教育を実施してきましたが、全国の受験生のニーズに応えるために、平成24年度入学者選抜より「法学既修者コース」(以下「2年課程」)を導入します。本法科大学院の入学定員は22人ですが、このうち7人程度をこの2年課程で採用します。

2年課程で受験する場合は、法律試験も受けなければなりませんが、その試験科目は「公法系」(憲法・行政法)、「刑事系」(刑法・刑事訴訟法)、「民事系Ⅰ」(民法)、「民事系Ⅱ」(商法)、「民事系Ⅲ」(民事訴訟法)から成っています。法律試験の5科目のうち1科目でも著しく低い点数の科目があったときは、不合格と成ることがありますので、注意が必要です。2年課程で入学してきた場合に、1年次配当科目のうちどの科目の履修が免除されるかは、現在検討中ですが、現行のカリキュラムを前提とすると、1年次配当科目39単位のうち、36単位を履修したものとみなすことになります。