すべての方へ

NO IMAGE

【琉球大学法科大学院修了生の司法試験受験生の皆様へ 第3回】

【琉球大学法科大学院修了生の司法試験受験生の皆様へ 第3回】 教員からのメッセージ第3回になります。今回は、吉崎敦憲先生です!
【激励文】吉崎敦憲教授 司法試験本番に向けて調整をしてきたのに,その実施が延期され,いつ実施されるかも未定の状態で,調子とモティベーションを保つのが大変なのは,痛いほどよく分かります。暇つぶしにもならないかもしれませんが,1つ物語を紹介します。先輩たちも皆,乗り越えてきた道です。皆さんに精一杯のエールを送ります。心強く,頑張って下さい。
【司法試験あるある物語】
むかしむかし,とは言っても今からせいぜい数十年前,日本にはまだ法科大学院がない時代,今では「旧試験」と呼ばれる司法試験が,「旧」とか「新」とか「現行」とか呼ばれず,単に「司法試験」と呼ばれていた時代のことじゃ。当時の司法試験は,1次試験(教養科目)と2次試験(法律科目)で構成され,学部で教養課程(通常1・2年次)を修了し,その修了証明書を願書とともに提出すれば1次試験は免除され,2次試験のみ受験すれば良かったそうじゃ。それゆえ,学部3年次から多くの法曹志願者が現役合格を目指して受験したそうな。とはいっても,3年次から受験しようと思うのじゃから,大学に入学した時から準備をしなければ間に合わず,1年次から受験勉強を始めている学生が大勢いたそうじゃ。司法試験合格者数は,昭和36~7年頃から平成2年まで500人前後に固定されていたのに対し,出願者数は昭和45年に2万人を超えた後は2万人を下回ることはなく,合格率は1.5~2%台が20年以上続き,非常に狭き門じゃつた。2次試験は,5月中に憲・民・刑の短答式試験1日,7月中に7科目(憲・民・刑・商・訴訟法1科目(民訴・刑訴いずれか選択)・法律選択科目1科目・教養選択科目1科目)の論文式試験3日間,10月中に同じ7科目の口述試験7日間で,実施されたそうじゃ。学部3年次の20歳で最年少合格する者から,苦節20年で合格する者まで,合格者平均年齢28~9歳の狭き門を何としてでも突破しようと,法律実務家を目指す受験生が青春と人生をかけて学修に励んだそうじゃ。5月末の短答式試験の合否発表で「不合格」となれば,論文試験を受験できないという苦汁をなめながら,11か月後の短答式試験突破を目指して,新たなスタートを切ることになり,それを何年も繰り返す者が少なからずいたそうじゃ。他方,毎年,短答式試験には合格し,冷房装置を稼働させない試験会場で滝のような汗を流し痩せ細りながら論文試験を受験しても,9月末の合否発表で「不合格」となり,それを何年も繰り返す者もまた少なからずいたそうじゃ。彼らが,そんなに苦労してでも司法試験の合格を目指したのは,法律実務家になって,世のため,人のために役に立ちたいという高い志を実現したいと願ってのことじゃ。そして,強い強い強~い心でその困難を乗り越えた者は,いずれの日にか合格を勝ち取って,世のため,人のために働く法律実務家となり,幸せに暮らしたそうな。めでたし,めでたし。

NO IMAGE

【琉球大学法科大学院修了生の司法試験受験生の皆様へ 第2回】

 緊急事態宣言が延長され、まだ司法試験の日程も決まっていない中、モチベーションを保ち続けるのは大変だと思います。そこで、私達琉球大学法科大学院教員は、毎週、皆さんにメッセージを送ります。 

 第2回は久保田光昭副研究科長のメッセージです。 

 新型コロナウイルスの流行により、先の見えない不自由な生活を余儀なくされていることと思います。しかし、人間は逆境においてこそ真価が試されるものです。「一を以て之を貫く」の精神で頑張ってください。応援しています。

NO IMAGE

【琉球大学法科大学院修了生の司法試験受験生の皆様へ】 

 皆さんこんにちは。司法試験が延期になり、沖縄県でも緊急事態宣言に伴う休業要請で大学が閉まってしまい、自習室で勉強することもできなくなってしまいました。司法試験は結局いつになるのかもわからず、なかなかモチベーションを保つのも難しいと思います。 

 そこで、琉球大学法科大学院では、教員が定期的に皆さんにメッセージを送ることにしました。今日は、武田昌則教授から皆さんへの力強いメッセージです。 

 悩んだり、困ったりしていることがあったら、いつでも教員に連絡してください。オンラインでの面談等ももちろん可能です。


【琉大法科大学院修了受験生に告ぐ】武田昌則
司法試験延期という未曽有の大波乱。しかし、大波乱とはすなわち下克上の絶好の機会でもある。つまり、この大波乱はチャンスでもある。ただし、下克上を実現するには、短答式の足切りをクリアしなければならない。ここは落ち着いて、もう一度、間違えやすいところ、苦手なところを、丹念にチェックして、知識の正確性を高めていこう。そして、免疫を高め、健康を保つこと。危機の中で、チャンスをつかめ!

NO IMAGE

【緊急・重要】

※自修室・教室使用不可の期間を修正しました。

琉球大学法科大学院では、沖縄県における新型コロナウィルス(covid-19)感染拡大の状況に鑑み、皆さんの安全確保のために、

①7日に予定されていた新入生オリエンテーションは中止します。
  物品の配布等については、追って対応します。

②8日に予定されていた授業開始は、4月20日(月)に延期します。
  これに伴う講義等の日程の変更は、追って通知します。

③教室(401、404、703)は少なくとも4月19日まで利用停止とします。

④自修室および資料室は、4月10日(金)から少なくとも4月19日までの間、利用停止とします。
  物品を取りに入る程度のやむを得ない出入りは認めますが、勉強はできません。
  10日以前の利用もなるべくお控えください。家での学修に必要な物は早めに移動させてください。

本対応は、皆様の安全を守るためであることをご理解ください。
何卒よろしくお願いします。

NO IMAGE

【最重要 コロナ(covid-19)対策について】

 現在、法科大学院では、時間を短縮した上で7日にオリエンテーション、8日から講義を予定しています。

  教員も様々な対策を検討し、実践していくようにしますが、学生、修了生の皆様にも、自分、仲間のために下記のお願いの実践をお願いします。このウィルスは感染していても症状の出ない人も多いそうですので、「移らない」もそうですが、自分が既に感染しているかもしれないと考え、「移さない」ための行動を取ってくださるようお願いします。

1 少しでも具合が悪いと思ったら、自宅でゆっくり休んでください。

2 手洗い(20秒)、うがい(水でかまいません)を徹底してください。

3 クラスターの発生につながる危険が高いと言われる「3つの密」を避けてください。

① 密閉:教室、自修室の窓を開けるようにしてください。

②密集:法科大学院は、人数が少ないですが、なるべく大勢で集まらないようにしましょう。

③密接:いつもは顔をつきあわせてする法的議論も、距離をとって行ってください。

4 自分自身や、同級生本人、それぞれのご家庭で、行動の自粛によって、ストレスによる諍いが あるような心配がある場合は、まずは気軽に相談してみてください(担当:吉崎、矢野)

NO IMAGE

学位記の交付方法について

 3月24日(水)15:00から文系総合研究棟7階703室で学位記の交付を行います。誠に残念ですが、学位記の交付につきましては修了生本人以外の方は教室に入ることはできません。当日受け取ることが難しい修了生は法科大学院係にご連絡いただければ、郵送いたします。また、郵送以外にも後日、法科大学院係窓口でお渡しすることも可能ですので、その場合もご連絡ください。

 

※注意※
学位記の受取の際、37.5 度以上の発熱または咳などの呼吸器症状、だるさや倦怠感のある方については、郵送をご希望くださいますようよろしくお願いいたします。

NO IMAGE

令和2年度 入学者選抜試験(甲方式C日程)合格者発表

令和2年度入学者選抜試験(甲方式C日程)の合格者発表は、本日午前11時に本学文系総合研究棟玄関前に掲示するとともに、合格者あてに郵送(速達)にて通知いたしました。なお、不合格者への通知は行いません。

また、今回は追加合格はありません。

以下に合格者の受験番号を掲載します。合否確認の補助的手段としてご利用下さい。

3年コース(一般選抜)

  • 4203
  • 4302
  • 4303
  • 4304
  • 4306
  • 4308
NO IMAGE

令和2年度 入学者選抜試験(乙方式11月期)合格者発表

令和2年度入学者選抜試験(乙方式11月期)の合格者発表は、本日午前11時に本学文系総合研究棟玄関前に掲示するとともに、合格者あてに郵送(速達)にて通知いたしました。なお、不合格者への通知は行いません。

また、今回は追加合格はありません。

以下に合格者の受験番号を掲載します。合否確認の補助的手段としてご利用下さい。

3年コース(一般選抜)

  • 3302
NO IMAGE

SDGsとロースクール ~来たれ リーガル女子!~

【 2020年2月16日(日)「SDGsとロースクール~来たれ リーガル女子!~」 を開催します。】

2020年2月16日(日) 琉球大学人文社会学部棟201教室におきまして「SDGsとロースクール~来たれ リーガル女子!~」と題し、イベントを開催いたします。

女性やセクシュアル・マイノリティの問題は、SDGsでも大きく取り上げられており、差別問題や法制度の平等、司法システムへのアクセスへの平等といったテーマは、法曹、そしてその育成機関であるロースクールと大きな関係があります。また、それらの問題を扱う女性法曹の数も日本はまだまだ足りません。

女性の裁判官や弁護士、ロースクール教員、ロースクール生らの話、性の多様性に関する取組等を聞いて、一緒に考えてみませんか?

戸籍上の性別が女性の方、性自認が女性の方はもちろん、それ以外の皆様の参加も大歓迎です。

皆様の参加をお待ちしております。

NO IMAGE

【比嘉正先生最終講義のご案内】

 長年にわたり琉球大学、琉球大学法科大学院にご尽力くださった比嘉正先生がご退官になられます。それに伴い、最終講義が行われます。皆様、是非ご参加ください。

比嘉正教授 最終講義
2020年2月7日(金)
17:30-18:30
文系総合研究棟703室
「改正民法と消費者保護」