NO IMAGE

【琉球大学法科大学院修了生の司法試験受験生の皆様へ 第12回】

【琉球大学法科大学院修了生の司法試験受験生の皆様へ 第12回】
 受験生の皆様、もしかしてもう受験地に出発した方もいるのではないでしょうか。矢野からのメッセージを送らせて頂きます。

———————————————————————
 皆さん、今年は試験日程が5月から8月に延期になり、covid-19の感染拡大は特に沖縄では5月よりも深刻な状態となっており、最後まで、「本当にやるの?」と思いながら勉強してこられたことと思います。これは精神的に本当に大変だったと思います。

 例年は、受験地に着いたら、もう後は数日寝られなくても大丈夫。とにかく、もてる力を出し切ってくださいとお伝えしてきました。しかし、今年は少し様子が違います。睡眠、休息が免疫力を高めます。ですから、ホテル等の滞在先で、ご自身の体調やリズムと相談しながら、可能な限りでかまいませんから、睡眠を取ってください。緊張して寝られなくても、手足を伸ばして横になるだけでかまいません。 

 そして会場で、試験問題を開いたら、あとは最後まで決して諦めないでください。今年は一体試験はいつなのか、そもそも試験はあるのかとヤキモキし、しかも琉大の皆さんは、不安を抱えながら空港へ行き、飛行機に乗って滞在先に行っています。こんなに過酷な状況でようやく受けた試験です。皆さんに難しい問題は他の人達にも難しいです。失敗したと思っても、結果が出るまでそれが本当に致命的かどうかはわかりません。でも最後の瞬間まで諦めずに試験問題と取り組まなければ受からないことは間違いありません。 

 挫けそうになった時は、今までのつらかった日々、そして沖縄で応援しているたくさんの顔を思い出してください。心から応援しています。    矢野恵美