2020年4月

NO IMAGE

【琉球大学法科大学院修了生の司法試験受験生の皆様へ】 

 皆さんこんにちは。司法試験が延期になり、沖縄県でも緊急事態宣言に伴う休業要請で大学が閉まってしまい、自習室で勉強することもできなくなってしまいました。司法試験は結局いつになるのかもわからず、なかなかモチベーションを保つのも難しいと思います。 

 そこで、琉球大学法科大学院では、教員が定期的に皆さんにメッセージを送ることにしました。今日は、武田昌則教授から皆さんへの力強いメッセージです。 

 悩んだり、困ったりしていることがあったら、いつでも教員に連絡してください。オンラインでの面談等ももちろん可能です。


【琉大法科大学院修了受験生に告ぐ】武田昌則
司法試験延期という未曽有の大波乱。しかし、大波乱とはすなわち下克上の絶好の機会でもある。つまり、この大波乱はチャンスでもある。ただし、下克上を実現するには、短答式の足切りをクリアしなければならない。ここは落ち着いて、もう一度、間違えやすいところ、苦手なところを、丹念にチェックして、知識の正確性を高めていこう。そして、免疫を高め、健康を保つこと。危機の中で、チャンスをつかめ!

NO IMAGE

【重要 沖縄県休業要請に基づく入校禁止について】

 沖縄県知事の休業要請期間が5月20日(水)まで延長されたことに伴い,入校禁止措置も同様に延長されています。今後の対応は決まり次第お知らせします。

————————————————————–

 沖縄県知事からの休業要請を受け,本学では4/23(木)~5/6(水)までの間入校禁止措置を取ることになりました。ただし,23日・24日は用事のある場合は入校可能ですが、25日(土)からは学生は入校禁止となります。

 既にこの事態の可能性はお知らせしてありましたので、準備も済んでいると思いますが、準備がまだの方は、木・金の間に「密」の状況に注意しながら、必要な物を持ち帰ってください。
 現段階では入校禁止は5月6日までとなります。極力外出しないことが感染拡大防止につながると考えての措置です。どうぞ皆さん、身体に気を付けてください。心配事や相談事がありましたら、各教員等にいつでも連絡してください。

琉球大学の活動制限(入校禁止)について

法務研究科の講義について

NO IMAGE

【緊急・重要】

※自修室・教室使用不可の期間を修正しました。

琉球大学法科大学院では、沖縄県における新型コロナウィルス(covid-19)感染拡大の状況に鑑み、皆さんの安全確保のために、

①7日に予定されていた新入生オリエンテーションは中止します。
  物品の配布等については、追って対応します。

②8日に予定されていた授業開始は、4月20日(月)に延期します。
  これに伴う講義等の日程の変更は、追って通知します。

③教室(401、404、703)は少なくとも4月19日まで利用停止とします。

④自修室および資料室は、4月10日(金)から少なくとも4月19日までの間、利用停止とします。
  物品を取りに入る程度のやむを得ない出入りは認めますが、勉強はできません。
  10日以前の利用もなるべくお控えください。家での学修に必要な物は早めに移動させてください。

本対応は、皆様の安全を守るためであることをご理解ください。
何卒よろしくお願いします。

NO IMAGE

【最重要 コロナ(covid-19)対策について】

 現在、法科大学院では、時間を短縮した上で7日にオリエンテーション、8日から講義を予定しています。

  教員も様々な対策を検討し、実践していくようにしますが、学生、修了生の皆様にも、自分、仲間のために下記のお願いの実践をお願いします。このウィルスは感染していても症状の出ない人も多いそうですので、「移らない」もそうですが、自分が既に感染しているかもしれないと考え、「移さない」ための行動を取ってくださるようお願いします。

1 少しでも具合が悪いと思ったら、自宅でゆっくり休んでください。

2 手洗い(20秒)、うがい(水でかまいません)を徹底してください。

3 クラスターの発生につながる危険が高いと言われる「3つの密」を避けてください。

① 密閉:教室、自修室の窓を開けるようにしてください。

②密集:法科大学院は、人数が少ないですが、なるべく大勢で集まらないようにしましょう。

③密接:いつもは顔をつきあわせてする法的議論も、距離をとって行ってください。

4 自分自身や、同級生本人、それぞれのご家庭で、行動の自粛によって、ストレスによる諍いが あるような心配がある場合は、まずは気軽に相談してみてください(担当:吉崎、矢野)