平成29年度 司法試験合格者 井上祥平(飛び級・未修者コース修了) | 琉球大学法科大学院

平成29年度 司法試験合格者 井上祥平(飛び級・未修者コース修了)

合格体験記
井上祥平

琉球大学法科大学院の受験を考えている皆様

こんにちは。琉球大学法科大学院10期未修者コースの井上祥平と申します。

私は福岡県出身で、福岡の高校を卒業後、琉球大学法文学部(法学専攻)に入学しました。そして、もっと専門的に勉強したいと思い、学部は3年次で中退し、いわゆる飛び級制度を使って琉球大学法科大学院へ進学しました。

琉球大学法科大学院の特色は、①少人数制であること、②先生方が熱心に親身に関わって下さること、③沖縄という地で勉強できることにあると思います。

琉球大学法科大学院は学年に10人程度という少人数制でした。そのため、同期はもちろん、学年を超えての交流もしやすい環境であり、法科大学院全体でお互いに助け合い、刺激し合うことができるような環境だったと思います。
また、先生方はとても熱心に講義をしてくださり、親身にいろいろな相談に応じてもらえました。検察官や裁判官の経験のある実務家教員の先生も在籍されていて、司法試験合格後のこともイメージすることができました。少人数制ということもあり、先生方との距離が近かったので、多くのことを吸収することができました。特に叩き込まれた、基礎を大事にし趣旨から考えていく思考は司法試験でもかなり強みになったと思います。
最後に、沖縄という地で勉強できる点についてですが、沖縄はイメージ通り気候も人もあたたかいです。また、琉球大学法科大学院は弁護士会や県内企業からの熱いサポートを受けています。このような恵まれた環境の中、私は勉学に集中することができました。また、沖縄には基地問題など、生活の中で法律的な問題を考えさせられる機会があり、いろいろな立場から考える視点を得ることができたと思います。

どこの法科大学院に進学するか迷いもしたのですが、振り返ると、私は琉球大学法科大学院で勉強したからこそ身につけることができたと思うことが多く、琉球大学を選択して本当に良かったと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
進路選択の参考になれば幸いです。