シンポジウム「性の多様性に関するロースクールのあり方について考える」を開催します

シンポジウムのお知らせ
「性の多様性に関するロースクールのあり方について考える」
日にち 12月10日(土)
時間  13時ー17時
場所  琉球大学法科大学院703室(模擬法廷)
主催  琉球大学法科大学院
後援  那覇市 ・ 沖縄弁護士会
プログラム
〔挨拶〕
琉球大学法科大学院元法科大学院長  高良 鉄美
沖縄弁護士会会長          池田 修 氏
〔基調講演〕
ハワイ大学ロースクール教授 Linda Hamilton Krieger 氏
「ロースクールと性の多様性ーアメリカにおける発展と模索ー」

クリーガー教授は、ニューヨーク大学ロースクールで学び、民事弁護士を経験し、
ハワイ大学ロースクールの教員となりました。また、レズビアンの権利運動のパイオニアであり、ハーベイ・ミルク市長誕生も目の当たりにしました。彼女の経験したアメリカにおける同性愛者の権利運動、ロースクールにおける性の多様性への対応の歴史について講演して頂きます。

〔パネル・ディスカッション〕
ハワイ大学ロースクール准教授       Andrea Freeman 氏
高岡法科大学准教授          谷口 洋幸 氏
那覇市総務部平和交流男女参画課なは女性センタースタッフ
(琉球大学法科大学院修了生)           竹葉 梓 氏
琉球大学法科大学院教授                  矢野 恵美
琉球大学法科大学院准教授               宮尾 徹
琉球大学法科大学院准教授             内栫 博信
司会 琉球大学法科大学院准教授   西山 千絵
※全てに通訳がつきます。

*本シンポジウムは琉球大学女性研究者支援研究費「性の多様性に関する法律分野における総合的研究と性の多様性の関するロースクールの在り方についての実証的研究」の一環として実施されます。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891