2015年5月

NO IMAGE

平成27年度 入学者選抜試験 成績開示

本研究科では、平成27年度入学者選抜に係る個人成績を、本人に限って開示します。

開示内容

  • 当該年度についてのみ開示します。
  • 得点は、適性試験の成績、提出書類、小論文(3年コースのみ)、面接、法律試験の総合点とします。
  • 順位は、合格者及び不合格者ともランク区分によります。
  • 科目毎得点等の詳細な情報は、情報公開制度を利用して開示請求することができます。
    琉球大学:情報公開制度

申請期間

2015年5月27日~6月30日までとします。(土、日、休日を除く。)

申請方法

本学受験票(紛失している場合は、本人であることが確認できる書類[1])及び返信用封筒(長形3号=縦23.5cm×横12.0cm)(郵便番号・住所・本人の氏名を明記のうえ、392円切手を貼付したもの)を持参、または郵送のうえ、所定の申請書(郵送される場合は本ホームページに掲載されている申請書を使用)により申請して下さい。

開示方法

申請者本人へ簡易書留郵便で後日送付します。

入学試験個人成績開示願

平成27年度 入学試験個人成績開示願

成績請求及び照会先

法科大学院係

脚注

  1. ^本人であることが確認できる書類とは、免許証または健康保険証の写し等とします。

6月6日(土)琉球大学での入試説明会の開催について

琉球大学法科大学院への進学を考えている皆様を対象として,下記のとおり入試説明会を開催いたします(添付ファイルもご参照ください。)。
入試説明会では,琉球大学法科大学院の施設の見学や実際の授業の見学をしていただいたうえで,全体説明会において琉球大学法科大学院の教育の理念・内容・成果並びに入試要項等について資料に基づく説明と質疑応答を行い,さらに個別相談会において教員や学生が皆様の個別のご質問やご相談に対応いたします。
法科大学院の施設や授業を見学できる貴重な機会であり,また,琉球大学法科大学院の入試その他いろいろなことについて教員や学生等から直接情報を得るチャンスですので,琉球大学法科大学院への進学を考えている多くの皆様にご参加いただきたくご案内申し上げます。
申し込み手続き等は不要ですので,平成27年6月6日(土)13時までに,琉球大学文系総合研究棟703教室(模擬法廷教室)にお気軽にお集まりください(なお,全体説明会からご参加の場合は,14時15分までに上記教室にお越しください。)。
お問い合わせは,琉球大学法科大学院係098-895-8091まで。
場所の詳細は,琉球大学公式ホームページ(http://www.u-ryukyu.ac.jp/)の「アクセス」と「キャンパスマップ」をご参照ください。

なお,詳細はあらためてご案内いたしますが,琉球大学では7月18日(土)午後にも入試説明会を実施します。また,沖縄県外在住者の皆さんを対象に,6月27日(土)14:00~15:30に辰巳法律研究所京都本校,6月28日(日)14:00~17:00に辰巳法律研究所東京本校及び7月4日(土)14:00~16:00に辰巳法律研究所福岡本校にて,辰巳法律研究所主催の法科大学院合同説明会に琉球大学法科大学院の相談ブースを設けますので,あらかじめお知らせいたします。

【日時】 平成27年6月6日(土)13:00~16:00
【場所】 琉球大学文系総合研究棟703教室等
【プログラム(予定)】
①13:00~ 趣旨説明(琉大文系総合研究棟703教室)
②13:05~ 自習室等施設見学・学修支援システム実演等
③13:45~ 授業(「不法行為法」)見学(同404教室)
休憩
④14:15~ 全体説明会(同703教室)
⑤15:00~ 個別相談会(同703教室)

琉球大学法科大学院入試説明会

司法試験の受験を控えた修了生の皆さんへ~教員からの応援メッセージ

2015年度の司法試験の受験を控えた修了生の皆さんへ

いよいよ試験本番が目の前にやって来ました。体調はどうですか。

私たち琉球大学法科大学院の教職員は、皆さんの今日までの苦労が必ずや報われるものと信じています。悔いのないよう、全力で試験に臨んで下さい。

ここに、皆さんを応援するメッセージを贈ります!

※この応援メッセージは、受験を控えていると思われる修了生でメールアドレスが分かる人には個別に送信しました。メールアドレスが分からなかったなどの理由で届いていない受験生もいらっしゃるかと思います。同じ内容をTKCおよび法科大学院のホームページにも掲載しましたので、修了生同士、学生同士で「こんなメッセージがある」と教え合って頂ければ幸いです。一人でも多くの受験生に見ていただきたいと思います。

 

応援メッセージ 〔アイウエオ順〕

○皆さんの実力は司法試験合格レベル以上にあります。皆さんは知っておくべきことはすべて自分の中にあり、必要な解答はすべて引きだすことが可能です。ですから自信をもちかつ気持ちを楽にして試験に臨まれてください。 〔内栫 博信〕

 

○いよいよ司法試験の日程が迫ってきましたね。まずは体調に十分注意してください。本番では緊張しすぎてもいけません。皆さんの健闘を期待しております。 〔北河 隆之〕

 

○季節外れの台風の中の受験、大変ですが、気をつけて行ってきて下さい。試験場にいる受験生の数が多くても気にすることはありません。人に勝つことが目的ではなく、自分がちゃんと出来ていれば受かる試験です。普段のとおり、落ち着いて臨んで下さい。私たちは、あなたがちゃんと出来るはずだと思ったので修了させたのだということを忘れずに。健闘を祈ります。 〔清水 一成〕

 

○琉大ロー修了生の皆さん、皆さんのこれまでの努力はこれからの数日間に向けて積み重ねてきたものです。平常心を保ち、最後まであきらめずに、自分の持っている実力をしっかり発揮してくれることを期待しています。まさに臥薪嘗胆です。沖縄から健闘を祈っています。 〔高良 鉄美〕

 

○試験の現場では、長文の問題に戸惑ったり、「知らないことを聞かれた」と感じて、動揺してしまうこともあるかもしれません。でも、そんなときこそ、これまでに学んだ法解釈の知識を駆使して、問題を解決するチャンスと捉えてください。そして、その楽しみを答案上に存分に 表現してみてください。その楽しみこそが、法曹の仕事の楽しみでもあります。楽しみを感じている皆さんの姿勢が、きっと伝わるはずです。 〔武田 昌則〕

 

○厳しい修了要件をクリアーしてきた皆さんは、受験に必要な素養は十分備えています。自信をもって平常心で、「訊かれていることに答える」ことを心がけ、時間配分に気を付けて頑張って下さい! 〔比嘉 正〕

 

○自分を強く信じて 〔藤田 広美〕

 

○内容的にも日程的にも過酷な試験ですが、条件はみんな一緒です。試験場では、「分からない問題があってもあせらずに」「特定の科目で失敗しても落ち込まずに」最後までくらいついてきてください。吉報を待っています。 〔宮尾 徹〕

 

○琉球大学法科大学院の修了生は司法試験に合格できる力は十分も持っていると思います。大切なのは,司法試験本番でいかに普段の実力を発揮できるかであり,本番で普段と違うことをやる必要はありません。これから本番に向けて体調管理に留意し,次のことに気をつけて自分の普段の実力を発揮してきて下さい。①絶対合格するという強い気持ちを持ち,何が起ころうがそれを言い訳にせず,最後の最後まであきらめないで,前向きにベストを尽くして下さい。②論文式試験は,まずは問いに答えることが大切です。考えたことのない問題も出ますし,難しい問題も出ると思います。しかし,それは応用力を試しているのであって,知らないのは当然であり,あせる必要はありません。条文とその趣旨そして問題文の事実を重視し,問いに答える過程で,悩みながら,法曹に必要な基礎的学識とそれなりの応用能力はあるということを答案で示せれば合格できます。とにかく条文と事実に基づき問いに答えることが大切ですので,そのことを忘れないようにして下さい。③短答式試験は,満点を取る必要はないので,解らない問題に時間をかけず,解る問題を確実に正解することを心掛けるといいと思います。皆さんの合格を心からお祈りしています。 〔宮城 哲〕

 

○試験場であなたが難しいと思う問題は、あなただけでなく、みんなにも難しい問題です。自分を信じて、最後まで諦めない人が合格します。とにかく問題をよく読んでください。その中に必ずヒントはあります。それに素直にのっていきましょう。

試験前に寝られなくても全然大丈夫。寝不足で試験に臨むくらいで今までの頑張りは揺らぎません。沖縄から応援しています! 〔矢野 恵美〕

 

○いよいよ,本番です。でも,いつもどおりでお願いしますね。

ずっと,講義で言ってきました。

① 問題文,設問は素直に読みましょう。皆さんを誘導してくれます。

② 問題点を簡潔に示しましょう。その条文を確認して,指摘しましょう。

③ 規範(一般論)を簡潔に書きましょう。

④ 問題文から事実を確認して拾い出し,規範をあてはめて,結論を簡潔に書きましょう。

難しいことは,皆分かりません。

分かることを,短文で簡潔に,採点委員に読みやすい字で書きましょう。

合格に満点は必要ありません。基本をきちんと書けば合格できます。

司法試験は,笑顔で受験しましょう。

ちばりよ~!!  〔吉崎 敦憲〕