教員情報(2013年12月)

琉球大学法科大学院の専任教員の2013年12月(11/26~12/25)における主な業績等についてご紹介します。

<著書・論文等>

○宮城哲准教授が執筆に参加した『法科大学院におけるローヤリング教育の理論と実践』(民事法研究会,2013年12月)が出版されました。

<学会・シンポジウム等>

○2013年11月30日に琉球大学で開催された日本土地環境学会主催の一般公開シンポジウム「沖縄の土地環境問題」において,北河隆之教授がモデレーターを努め,比嘉正教授がパネリストとして「所有者不明土地問題」について報告いたしました。

○2013年12月1日に立正大学で開催された「女子刑務所のありかたを考える国際セミナー」において,主催者を代表して矢野恵美准教授がセミナーの趣旨説明を行い,武田昌則教授がハワイ州女子刑務所所長による「ハワイ州女子刑務所の挑戦」と題する基調講演の通訳を務めました。

○2013年12月3日に沖縄県立博物館・美術館で開催された「沖縄に『ワンストップ支援センター』設立を強く望む会」主催の「ワンストップ支援センター設立に向けて-性虐待という視点から考えるシンポジウム」において,矢野恵美准教授がパネリストを務め,スウェーデンの例を紹介しつつ,関係者に対する専門家による訓練の必要性について報告しました。

○2013年12月15日に沖縄県立博物館・美術館で開催された琉球大学国際沖縄研究所主催の公開シンポジウム「性暴力~これ以上きずつけないために~」において,矢野恵美准教授がシンポジウム・パネルディスカッションの司会を務めました。

<マスコミ報道等>

○2013年12月15日沖縄タイムスの「憲法講座花ざかり」と題する記事に高良鉄美教授が「憲法行脚の会in北谷」と題し6月から月1回北谷町で講座を開いてきたことが紹介されました。