教員情報(2013年10月)

琉球大学法科大学院の専任教員の2013年10月(9/26~10/25)における主な業績等についてご紹介します。

<著書・論文等>

○玉城勲教授が執筆した論文「訴えの利益と被告の意思について」が,「琉大法学」第90号(2013年9月)107頁に掲載されました。

○比嘉正教授が執筆した論文「敷引特約の公序良俗違反性について」が,「琉大法学」第90号(2013年9月)173頁に掲載されました。

○吉崎敦憲教授が執筆した論文「賃貸借契約に付随する『賃料外金支払特約』の意思形成過程における問題点の分析と立法論的提言」が,「琉大法学」第90号(2013年9月)201頁に掲載されました。

○内栫博信准教授が執筆した論文「日本版ESOPにおける会社法上の問題点に関する一考察(1)」が,「琉大法学」第90号(2013年9月)225頁に掲載されました。

○比嘉正教授が執筆した判例研究「相続分の指定が遺留分減殺請求権により減殺された場合の効果(最一決平24・126判時2148・61)」が,「琉大法学」第90号(2013年9月)263頁に掲載されました。

○高橋義人准教授が執筆した論文「公共的匿名性と公私二分論」が,「琉大法学」第90号(2013年9月)271頁に掲載されました。

○宮尾徹准教授が執筆した論文「刑事訴訟法328条に関する一考察」が,「琉大法学」第90号(2013年9月)305頁に掲載されました。

○藤田雄士准教授が執筆した論文「代位制度の整理と今後の立法課題」が,「琉大法学」第90号(2013年9月)319頁に掲載されました。

○藤田広美教授が執筆した判例考察「弁護士会照会を受けた金融機関の回答義務」が,「事業再生と債権管理」142号(2013年10月5日号)(金融財政事情研究会)に掲載されました。

<学会・シンポジウム等>

○2013年10月5日・6日に北海学園大学で開催された日本犯罪社会学会第40回学術大会において,矢野恵美准教授が,セッションD「社会における刑務所の意義とは-PFI刑務所がもたらしたもの-」のコーディネーターを務めるとともに,同セッションにおいて「刑罰意識と刑務所のあり方」について報告いたしました。

<マスコミ報道等>

○2013年10月5日沖縄タイムスに,高良鉄美教授が指導する琉大生による「沖縄版『憲法検定』の試み」が紹介され,主権者である多くの人が憲法を学ぶ重要性についての高良教授のコメントが掲載されました。

○2013年10月18日琉球新報に,矢野恵美准教授がコーディネートしたノルウェー大使館参事官と女性議員との意見交換会に関する「『クオータ制』で男女平等」と題する記事において,男女平等実現のための女性議員の役割等についての矢野准教授のコメントが掲載されました。