平成26年度入学者から新たな給付型奨学金制度がスタートします!

平成26年度入試A日程合格者の皆様や同B日程・C日程志願予定者の皆様にとって朗報です。

沖縄弁護士会会長や九州弁護士会連合会理事長を歴任された琉球大学OBでもある当山尚幸弁護士から,沖縄における法曹養成・人材育成に役立てて欲しいということで毎年ご寄付いただいている寄付金を基に,琉球大学法科大学院生に対する経済的支援をさらに充実させるため,新たに「当山フェローシップ・琉球大学法科大学院奨学金」制度を創設することになりましたので,お知らせいたします。

「当山フェローシップ・琉球大学法科大学院奨学金」は,これまで琉球大学法科大学院生を対象に2004年以降毎年継続的に実施していただいている「鎌倉フェローシップ・沖縄ロースクール奨学金」を参考にさせていただき,2014年度以降の入学者(未修・既修を問いません)を対象に,将来沖縄に貢献したいという気概をもつ学生の中から面接等によって1名を選定し,返還不要の給付型の奨学金を年額36万円(3年コースの場合は合計108万円,2年コースの場合は合計72万円)給付するものです。

当山尚幸弁護士について 当山法律事務所HP参照
一般財団法人鎌倉フェローシップについて 鎌倉フェローシップHP参照

琉球大学法科大学院では,「地域にこだわりつつ,世界を見る法曹」を目指す一人でも多くの皆様に琉球大学法科大学院への進学を目指していただけるよう,また,入学後も安心して学んでいただけるよう,今後も関係者の皆様からの支援にも支えられながら引き続き学生に対する様々な支援の拡充に尽力していく予定です。