教員情報(2013年7月)

琉球大学法科大学院の専任教員の2013年7月(6/26~7/25)における主な業績や公益的活動等についてご紹介します。

<学会・シンポジウム等>

○2013年6月29日に沖縄大学で開催された九州法学会第118回学術大会のセッション2(報告題目「八重山教科書問題の法的分析」)において,渡名喜庸安法科大学院長が司会を務めました。

<マスコミ報道等>

○2013年6月26日沖縄タイムスの東村高江ヘリパッド移設工事に反対する住民に対する通行妨害禁止訴訟の高裁判決に関する「表現の自由どう保障」と題する記事に高良鉄美教授の談話が掲載されました。

○2013年6月26日沖縄タイムスに矢野恵美准教授がこれまで連載してきた「オンナの目」の執筆者対談の記事において,DV罪や買春罪を定めるスウェーデンと日本との比較や人権とDV等に関する談話が掲載されました。

○2013年7月17日沖縄タイムスの「13年参院選識者に聞く 下 憲法」において,参院選の争点の一つとなっている憲法改正について,高良鉄美教授のインタビュー記事が掲載されました。

以上