当山尚幸先生の最終授業が行われました。

平成24年7月30日(月)、当法科 大学院の設立及び運営のために多大なご尽力をいただいたばかりでなく,平成18年度から7年間にわたって必修科目である「法曹 倫理」をご担当いただいていた当山尚幸先生の最終授業が行われました。最終授業では、当山先生が法曹を目指された動機や体験談もまじえて、法曹を目指す人たちのためのマインドの真髄を伝えていただきました。授業後には、法科大学院からの感謝状・記念品の贈呈のほか、受講生の皆さんからも当山先生への感謝の気持ちを込めて花束が送られました。当山先生のこれまでのご貢献に感謝するとともに、今後ともその教えに恥じないような学生の皆さんを社会に送り出していきたいと思います。