渡名喜島で無料法律相談を行いました。

平成23年9月10日(土)午後1時より、映画「群青 愛が沈んだ海の色」の舞台ともなった渡名喜島にて、渡名喜村役場の皆様の温かいご協力の下に「離島リーガル・クリニックin渡名喜島」と題して、当法科大学院の実施している無料法律相談(リーガルクリニック)の概要を説明しその離島での展開の在り方について講演するとともに、無料法律相談を実施致しました。

当法科大学院からは渡名喜庸安研究科長をはじめ、渡名喜村出身でリーガルクリニック担当の研究者教員である比嘉正教授、リーガルクリニック担当の実務家教員である武田昌則教授、天野聖子弁護士、髙橋大地弁護士、学生の中から田場兼太郎さん、知名裕美さんが参加しました。

会場の渡名喜村老人福祉センターでの講演会では、「ビデオだけではなく、Face to Faceの法律相談ができるよう、年に1回でも良いので現地を訪問してただきたい。」といった、当法科大学院が今後行うべき離島での無料法律相談活動にとって大変参考となるご意見もいただきました。引き続いて実施した無料法律相談会では、5名の方が相談に来られ、予定の時間を延長して午後6時まで相談を行いました。人口500人に満たない渡名喜村でこれだけの方が法律相談に来られた事実を踏まえて、離島地域での無料法律相談を通じて社会に貢献することの大切さを痛感致しました。今後もこのような活動を継続的に行えるよう検討していきたいと思います。