2011年6月

NO IMAGE

入試説明会を行います。

東京での入試説明会

7月11日(月)午後2時00分~4時30分、TAC渋谷校2階にて、当法科大学院の入試説明会を行います。Wセミナー主催「全国法科大学院合同進学相談会」会場を利用するものですが、本年3月に当法科大学院を修了したばかりの修了生から、当法科大学院の学生生活についての生の声をお届けさせていただきます。貴重な機会ですので、ふるってご参加下さい。

会場のアクセスは次のリンクをご参照下さい。
http://www.tac-school.co.jp/tacmap/sibuya.html

名古屋での入試説明会

6月25日(土)午後2時から5時、辰巳法律研究所名古屋本校にて入試説明会を行います。

辰巳法律研究所主催ロースクール進学合同説明会を利用するものですが、会場のアクセスは次のリンクをご参照下さい。
http://www.tatsumi.co.jp/info/guide_nagoya3.html

福岡での入試説明会

6月26日(日)午後2時から5時、福岡ビル9階にて入試説明会を行います。

辰巳法律研究所主催ロースクール進学合同説明会を利用するものですが、会場のアクセスは次のリンクをご参照下さい。
http://www.nishitetsu.co.jp/f-hall/

募集要項

平成24年度学生募集要項

平成24年度学生募集要項

平成24年度入学者選抜学生募集要項の配布を開始します。以下のPDFファイルで募集要項の内容をご確認いただけます。なお、このPDFファイルには「出願に必要な書類等」の様式は含まれていません。出願に際しては必ず募集要項の原本を入手してください。

平成24年度 学生募集要項

募集要項請求

請求方法はこちらをご覧ください。

NO IMAGE

法学既修者コース(2年課程)が導入されます。

琉球大学法科大学院(以下「本法科大学院」)は、これまで全国の国立大学法人で唯一「完全未修者コース」(以下「3年課程」)による法曹養成教育を実施してきましたが、全国の受験生のニーズに応えるために、平成24年度入学者選抜より「法学既修者コース」(以下「2年課程」)を導入します。本法科大学院の入学定員は22人ですが、このうち7人程度をこの2年課程で採用します。

2年課程で受験する場合は、法律試験も受けなければなりませんが、その試験科目は「公法系」(憲法・行政法)、「刑事系」(刑法・刑事訴訟法)、「民事系Ⅰ」(民法)、「民事系Ⅱ」(商法)、「民事系Ⅲ」(民事訴訟法)から成っています。法律試験の5科目のうち1科目でも著しく低い点数の科目があったときは、不合格と成ることがありますので、注意が必要です。2年課程で入学してきた場合に、1年次配当科目のうちどの科目の履修が免除されるかは、現在検討中ですが、現行のカリキュラムを前提とすると、1年次配当科目39単位のうち、36単位を履修したものとみなすことになります。

NO IMAGE

長期履修制度・転入学制度が導入されます。

本法科大学院は、受験生から見て魅力ある大学院とする取り組みを行ってきていますが、そのうちの一つに、長期履修制度の採用があります。長期履修制度は、法学未修者コース(3年課程)に属する学生で、職業を有しているなどの事情により、標準修業年限(3年)では大学院の教育課程の履修が困難な者を対象とし、事情に応じて標準修業年限を超えて計画的に教育課程を履修することにより学位を取得することができる制度をいいます。
長期履修学生の出願資格は、①職業を有する者、②育児、出産、長期介護等により、標準修業年限で修了することが困難な者、③その他やむを得ない事情により標準修業年限で修了することが困難であると研究科委員会(教授会)が認めた者です。長期履修を希望する者は、あらかじめ教授会に、長期履修の必要性、履修計画を提出し、その承諾を得なければなりません。

また、本法科大学院では、同じく次年度より、転入学制度の採用も決定しました。この制度は、他の法科大学院に在学している皆さんを対象に、本法科大学院への転入学を希望している者を受け入れていくための制度です。募集人員は若干名です。現在、受験資格、試験実施の有無(実施するとした場合の試験科目)、はり付け年次と単位認定などについて、具体的な検討を行っています。詳細が決まり次第、本ホームページでお知らせすることにします。

NO IMAGE

平成23年度入学者選抜の結果

入学者選抜の結果の概要

一般選抜(併願) 特別選抜(併願) 合計
出願者数 36名(3名) 3名(3名) 36名
受験者数 31名(3名) 3名(3名) 31名
合格者数 14名 3名(3名) 17名
入学辞退者数 4名 3名(3名) 7名
追加合格者数 1名 1名
入学者数 11名 11名

入学者の概要

性別・年齢構成

男性 7名
女性 4名
平均年齢 26.3歳(22歳~48歳)

出身地

県内 7名
県外 4名

※入学者選抜試験時の住所による区分です。

属性

法学部出身者 10名
非法学部出身者 1名
社会人 2名
社会人・非法学部 2名
新卒者 7名

出身大学

琉球大学 5名
沖縄大学 1名
上智大学 1名
専修大学 1名
天理大学 1名
北海道大学 1名
早稲田大学 1名

適性試験等の成績

一般選抜(併願) 特別選抜(併願)
入学者適性試験平均点 62.7点
入学者適性試験最高点 77.4点
入学者適性試験最低点 42.0点
TOEIC平均点
TOEIC最高点
TOEIC最低点

※日弁連適性試験は大学入試センター適性試験(100点満点)に換算しました。
※TOEFLのスコアを提出したものはいませんでした。

NO IMAGE

経済的支援制度(授業料全額免除)が拡充されます。

本法科大学院は、優秀な皆さんに入学してもらい、経済的な心配をしないで日々の学修に集中して取り組むことができるように、経済的支援制度(授業料全額免除)を拡充しました。これまでは授業料全額免除の対象は入学者につき1人にすぎませんでしたが、これが平成24年入学者からは5人に拡大されます。その内訳は、法学既修者コース3人、法学未修者コース2人となっています。これはさらに、A日程=2年課程2人、3年課程1人、B日程=2年課程1人、3年課程1人というかたちで運用されます。

この授業料免除制度は、入学年次にとどまらず、次年度(2年課程の場合は3年生、3年課程の場合は2年生)以降も皆さんが経済的支援を受けることができるよう、現在新たな奨学金制度の創設を検討し、具体的な取り組みを行っています。